トピックス

ペレットストーブを設置してきました!

こんにちは!ハセガワの鈴木です(#^^#)

本日11月20日(日曜日)

今年も残り42日間となりました(;’∀’) 早くも11月後半に突入ですね

時間のたつのが・・・あまりにも早すぎるゥぅ(ーー;)

っとぉ・・・(;’∀’)それはそれで!(切り替えるの早っ)

今日からカタールで開かれる『ワールドカップ カタール2022』が始まりますねぇ~

サッカー界の最高峰 世界の祭典と言われる大会でございます。

オリンピックと同じ4年に一度の祭典です。

大会の常連となりつつある我が国 日本代表!ベテランから若手がチーム一丸となり

世界の頂に今大会も挑戦いたします。

予選リーグでは、グループE組でFIFAランキング順に 7位スペイン 11位ドイツ 42位コスタリカ

我が国 日本は 23位 この4チームで戦い、上位2チームが決勝トーナメントに進める

所謂ベスト16となるわけですね。日本もベスト16には何度か経験はあるものの

その先のベスト8は未経験です。世界の強豪に混ざって上位で戦えるように望んでいます!

わたくしもサッカー経験者な者でして・・・(*´з`) 話が長くなりました(;’∀’)m(_ _)m

 

さて!本題に戻ります(*^。^*)

先週の月曜日に、いわき市某所にペレットストーブを設置してきました(^^)/

ご紹介を頂いたのは・・・

いわき市平中神谷字金沢10-3 ㈱小森工務店様です。

こちらの物件のお施主様 O様

O様の祖父の時代に建てられた建物を解体し、その後 同じ場所に新築されました。

新築現場にお邪魔すると・・・所々に、先代の残した材料(梁や建具)が新築に馴染んでおり

お施主様の意見を工務店が理解し、工夫して取り付けされていました(*^。^*)

とても素敵な住宅に生まれ変わっていました(^^♪

『おうち探訪』のような方向になってきたので戻ります(;’∀’)

 

でぇ!肝心なペレットストーブですが・・・

工事にあたり、小森専務と連絡を取りながら壁に穴を貫通させて、煙突の通りを確保します。

 最初の隅だし。グリーンのマスキングを予定の位置に!

・・・んがぁ(ー_ー)!! ここには間柱が隠れてまして!←穴を開ける前に壁探知機で分かりました。

なので少し正面左に位置をずらしました!

 煙突の穴を150㎜Φで開口するので約10㎝左に移動

差しがねの21cmちょっとの所は、本体のセンターを位置づけるのにマーキング!

なので、本体も約10㎝左に移動しました。

 そこから開口!室内の壁(ボード)を抜いた後に断熱材を寄せて

さらに進めて外壁用の胴縁と外壁材を取り除き貫通させます。

貫通作業をしていたら・・・

 やはり間柱と電気のコードが在りました!(電線を切ったら大変(;’∀’))

この電線はコンセントが下に設置されており、ペレットストーブの電源確保の物でした。

*壁探知機のお陰で、何事もなく無事貫通*

    

熱養生用のスリーブをセット!煙突自体も二重煙突で外側は吸気なので熱くなりにくいのと

壁材、断熱材、外壁こちらは不燃性の物を使用されておりますが養生に『これでいい』は無いので

二重にも、三重にも養生いたします。

その後、煙突を貫通させて、固定!

本体を引き込み、煙突と本体を接合すると完成です(#^^#)

完成した写真が・・・☟☟☟☟☟これです

 

 

 本体の機種は『ウォームアーツ製 RSmini』

フロントドアに鋳物を使用して蓄熱効果あり!

前のモデルでMT―311 SUMITAの後継機種でして

省エネでパワフルなペレットストーブです。今後、さらに進化するかも?(笑)

旧さいかい産業様のスタッフさんも改良に意欲的で、更なる進化に乞うご期待!!って

所ですかね(^^)/

現在、㈱新越ワークス エネルギー事業部様も材料高騰と電装類の入荷不安定で思うような作業が

進んでおらず、在庫確保が難しい状態の様です。お求めの際は余裕を持って販売店にご相談ください。

 

また、今回のO様邸の設置に関して、ご協力頂きました

㈱小森工務店様に感謝いたします。

ご担当されたのは・・・専務兼設計責任者の 小森 測 様でした。

丁寧かつ慎重な作業を進める小森専務、今回も大変お世話になりましたm(_ _)m

会社の案内だけさせて頂きます(^^)/

〒970-8021

いわき市平中神谷字金沢10-3

㈱小森工務店 TEL0246-34-2588